健康な歯をいつまでも残したい!昭島市の歯医者さん

あなたは定期的に歯医者に通う習慣がありますか?

歯医者には虫歯になってからしか行かないという人は
将来的に大きな損をしているかもしれません。

歯の健康状態が体の健康を左右していることは
よく言われることですが、
さらには高齢になっても歯の残存数の少ない人は、
認知症や寝たきりになるリスクが高まる
ことが
わかってきたからです。

これは虫歯や歯周病が口内だけの影響にとどまらず、
身体全体に悪影響を及ぼしていることの証明といえるでしょう。

虫歯や歯周病を軽く考えていると、
将来的に大きなリスクを背負うことになってしまいます。

そのため現在の歯科医療は
これまでの歯の治療や修復といった観点から
予防の意識を高め健康的な歯になること
軸足が置かれてきてるのです。

そんな歯科医療を早くから実践している歯科医院が
東京昭島市にあるこちらの歯科医院。
https://fujishika.org

痛くない、抜かない、削らない治療をモットーにして、
今の歯をできるだけ温存し、
歯の寿命を延ばすよう心掛けている歯科医です。

歯は決して高齢になったら抜けるものではありません。
定期的にケアをしてあげれば、
いつまでも健康で美しい状態を保つものなのです。

歯の悩み、口内の悩みをお持ちの方は、
気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

安易な相談場所でのカウンセリングは要注意!?

最近は心療内科や精神科への相談件数も
増加傾向にあると聞きます。

ひと昔前ではやや敬遠されがちだった診療科ですが、
近年のストレスに関する情報や、
メンタルヘルスへの意識の広がりが、
敷居を低くしてきているのだと思います。

こうした心のケアやメンタスヘルスへの意識が
高まっていることは、
ひじょうに望ましいことだとは思いますが、
一つ危惧されることがあります。

それは安易な相談員や自称カウンセラーも
増えているということです。

もちろんこうした相談員やカウンセラーの方も
善意から行っている人が大半です。
しかしその技術は玉石混合であり、
場合によっては相談者の状態を
悪化させてしまうこともあるのです。

気づかないうちに自己満足の行為になっていたり、
相談者側を依存させてしまったり、
相談員の価値観の押し付けになってしまったり・・・

本当の意味でのカウンセリングというのは、
「人の話を聴く」ための訓練を必要とするものです。
決して人生経験や職業経験の豊富さだけで
できるものでもないのです。

うつ病の予兆がある、不安感がおさまらない、
そういった症状がある方は
心療内科や精神科などの診療科で
受診することをおすすめします。

名古屋市名駅にある心療内科はこちら。
http://meiekisakomentalclinic.com/

包茎クリニックの選び方

包茎で悩んでいても恥ずかしい、
どこに行けばいいかわからないというような理由で
なかなか手術に踏み切れないことも多いかと思います。

包茎クリニックは数多くあるため
自分に合ったクリニックを探すことが重要です。

包茎クリニックを選ぶ上で重要なことは、

価格が適正であること、
手術方法が自分に合っていること、
手術の技術が高いこと、
個人情報の管理がしっかりされていること、
アフターフォローが手厚いこと

などが挙げられます。

しかし、雑誌の広告や公式サイトなどでは
そこまで判断することは難しいと言えるでしょう。
雑誌の広告や公式サイトは
もちろん広告したい側が一方的に作っているため
良い情報しか載っておりません。

インターネットで一つ一つクリニックの評判を
確認することも可能ではありますが、
情報量が多いため非常に時間と手間がかかります。

そのようなときに非常におすすめなのが口コミサイトです。
口コミサイトでは、クリニック側の一方的な情報だけではなく、
さまざまな視点からの情報を一括で確認することが可能なのです。

特に包茎口コミ.netというサイトには、
実際に手術した人の体験談、公式ホームページへのリンク、
優良クリニックの情報などが載っており、
非常に多い情報の中から有益な情報が厳選されておりますので、
時間も手間それほどかからずに自分に合ったクリニックを探すことができます。

一つ一つ自分で検索した場合、どの情報が信頼できるかわかりませんが、
このサイトの場合は信頼できるサイトになりますので
情報の選別をする手間がかなりはぶけます。

包茎口コミ.netを使い、
お気に入りのクリニックを見つけて包茎の悩みを解決しましょう。
http://houkei-kuchikomi.net/

不妊治療なら顕微授精という方法もある

不妊治療の方法でよく知られているものに、
体外受精があります。
体外受精とよく似た方法なのが顕微授精です。

精子と卵子を体外で受精させて
体内に戻す点では顕微授精も同じなのですが、
体外受精との違いは受精方法です。

体外受精は卵子に精子をふりかけることで
自然に受精するように促しますが、
しかし顕微授精は顕微鏡を使用し
直接精子を卵子に注入します

顕微授精は男性の精子の数が少なかったり、
活動量が少ない場合や、
卵子の受精力が弱く自然受精ができない場合に
受精をサポートすることができます。

人工授精や体外受精でも妊娠できなかったカップルが
この顕微授精の治療を受けることができます。

不妊治療は一般的に保険が適用されないため、
顕微授精の費用はすべて自己負担となります。

病院によって費用は変動しますが、
1回あたり30万円~50万円と言われており、
不妊治療の中でも高額な方といえるでしょう。

妊娠率を高めるために
何回か顕微授精が行われるため、
費用が高くなるようです。

この不妊治療は保険は適用はされませんが、
国から助成金が支給されることもあるので
調べてみるのがいいでしょう。

http://www.haruneclinic.com/

心療内科医と周囲の協力が必要な躁病

うつ病についてはテレビやニュース、

また周囲にもうつ病治療している人が多くいるため

理解が広まっているかもしれませんが、

躁病に関してはまだまだ周囲の理解が必要な状態です。

 

心療内科にうつ病で通院する人の中にも

躁病を発病している人もいるのですが、

家族や心療内科医の観察がなければ

躁鬱病なのか、うつ病なのかの判断は難しいとされています。

 
その理由としては、

躁病は外部、内部とは全く無関係な状態で気分が高揚し、

興奮状態になるため、大変エネルギッシュになったり、

気分の開放的になるので見知らぬ人に話しかけたり、

とても楽しく明るい性格になるため

周囲は「明るい人だ」とか「元気になったんだ」

などと解釈してしまうことがあるのです。

 

しかし躁病は注意力散漫になったり

無謀な行動や浪費、また自傷行為など

マイナスな面も多々ありますし、

攻撃性が増すことも特徴の一つです。

 

心療内科では薬物治療、精神治療がメインになりますが、

双極性障害で躁状態にあるときが自殺率が高いため、

心療内科医と患者の家族や友人の協力が必要になってきます。

http://kokubunji.clinic/

 

加圧しながら運動することでアンチエイジング効果も!

加圧トレーニングには、

筋肉や体力を鍛える以外にも色々な効果が期待できます。

 

特に、「アンチエイジング」に効果があるというのは

ぜひ覚えておきたいポイントです。

 

もちろん、普通のトレーニングにも

健康や美容に対する効果はあります。

ですが、筋肉を低酸素状態にして

成長ホルモンの分泌を促す、という効果は

加圧トレーニングでしか得られないもののひとつ。

 

この「成長ホルモン」が、アンチエイジングに役立つのです。

 

成長ホルモンは、成長期の子供だけでなく、

大人にとっても重要なホルモンです。

この成長ホルモンが多く分泌されると、

回復力が高まって怪我の治りが早まったり、

代謝をアップしてお肌のターンオーバーサイクルを

整えてくれたりといった嬉しい効果が。

 

美容に気を遣う女性はもちろん、

男性にとっても見逃せないメリットですよね。
専用のベルトを使ったトレーニングを

続けるのが難しい場合には、

ベルトほど強く圧迫するというわけではないけれど、

ごく軽い圧力で引き締めてくれる

パンツ等を身に着けて体を動かすこともおすすめです。

http://www.t-polum.jp/

虫歯予防から歯周病予防、歯をトータルケアする越谷の歯科医です。

歯医者というのは、

大人になってもなかなか行きたくたい類のもの。

子供の頃は痛くて。

大人になると、痛いというよりはただ面倒ってのがありますね。

それを言ったら病院全般がそうなんですが・・・

 

それでも調子が悪くなったら行く一般的な病にくらべると、

日常の忙しさも手伝って、

歯医者というのは、

よっぽど痛くならないと行かない人も多いかもしれません。

 

しかし時間がたてばたつほど、

菌も増殖していく、ということを覚えておいた方がいいと思います。

 

少し衝撃的なんですが、

虫歯で命を落とした人もいるんです。

平安鎌倉時代とかじゃないですよ。

2014年、つい最近のはなしです。

しかも70歳、80歳の高齢者ではなく、18歳の女性。

 

イタリアでのお話なんですが、

急患として運ばれたその女性は、

その一週間後に息を引き取ったそうです。

敗血症になっていたそうですが、

その原因というのが虫歯。

虫歯を放置したことで菌が増殖。

その菌が肺にいたり、さらには血液にもまわり、

結果的に死にいたってしまったんだそうです。

 

たかが虫歯と侮るなかれ。

虫歯はなるべく早く処置したほうがいいのです。

もちろん予防の観点からも

定期的にケアしておいたほうがいいのはもちろんです。

 

歯の定期的な診断、口内環境を総合的にケアする

越谷市の歯科医はこちらです。

http://hiro-shikaiin.com/blog/index-211.html

わずか二日の植木屋の仕事、費用と時間がうきました。

なんでもかんでも自分でやろうとするのは、

経験もつめていいのかもしれないが、

「時間」という観点から考えると非効率な場合もある。

 

例えば保険や税の見直しなど、

いろんな情報を集めて自分なりに勉強もすれば、

費用はかからず、自分でそれなりに納得もできるだろう。

しかし、FPなどのプロフェッショナルに相談すれば、

費用はかかるが、時間は圧倒的に短縮できる。

 

わかりきったことだが、お金をかける、というのは

ある意味「時間を買う」ことでもある。

新幹線での移動もある意味時間を買っている。

 

先日、長年手つかずだった庭を植木屋に頼んだ。

樹木や草花、花壇など、

いろいろ手を入れたいところが以前からあったのだが、

いつでもできると考えていて、結局手つかず。

 

頑張れば素人でもそれなりにできるはずだと、

こうしようああしようと考えてはいたものの、

なかなか実現しなかったものが、

植木屋に依頼したら、わずか二日で思い通りの庭になった。

 

いままでの迷ってた時間はなんだったんだ。

初めから植木屋に依頼しておけば、

こんな庭が楽しめたんだと思うと、時間を損した気分。

http://tokyo-uekiya.com/column/369/

 

プロに頼むというのは、こういうこと。

費用は当然の等価交換、いや、それ以上のものが返ってきた。

造園、庭作りを大田区でするならまずは自治体へ。

最近の国内の地震の多さから、

さすがに緊急時の準備とか家具の固定とかを考え始めました。

「のど元過ぎれば熱さ忘れる」とは言うけど、

思ったときに始めないと、だんだん熱が冷めてしまうものです。

 

そんな気持ちでいろいろと地震対策を調べているうちに、

行政が地震対策のひとつとして、

生垣を推進しているといった記事を見つけました。

地震によりブロック塀が崩れることで怪我をしたり、

二次被害が大きくなることがあるみたいです。

このブロック塀を生垣という植物の垣根に替えることで、

もし地震が起こっても、簡単に崩れたりしませんし、

仮に倒れたとしても、人命にかかわるようなことはない、

ということで推進しているみたいですね。

 

なので、行政から助成金も出るようでして、

もし自宅の造園、庭作り等を考えているなら、

自治体に問い合わせると詳しく教えてくれると思います。

ここ大田区のHPを見ると、条件にもよりますが、

上限50万円まで出るみたいです!

 

大田区にも多くの造園業者がありますから、

よく相談してすすめるといいかもしれませんね。

造園 大田区 で安全で快適な庭作りをおすすめします。

うつの人って増加中?

最近友人と話していると、

『知り合いにうつの人がいて~』とか

『その子はうつなんだけど~』とか

なんか『うつ』の出没が増えている気がする。

 

その友人知人らも30代から40代、

たしかに仕事でも私生活でも多くのものを抱えるお年頃ではある。

しかしそれにしても多くないか?

私の周囲だけでしょうか?

 

その友人らが言う『うつ』がどの程度のものなのかはわかりませんが、

ある意味そういう言葉が気軽に出せるというのは

いいことなのかもしれません。

誰にも言えずに抱え込んでしまうことが一番よくないとは思うので。

 

そういえば私の勤める会社でも、うつで休職していた人は何人かいました。

幸い皆復帰することができ、今では仕事に励んでますが、

けっこう長期に渡って休んでましたね。

そのうちの一人は同じ課ですが、

休みになる間近まで私は知りませんでした。

外見上はあまり変わったようには見えなかったんですけどね。

 

仕事や私生活の問題もさることながら、

現代は日常に接する情報量が

10年ちょっと前と比べても数十倍になってると聞いたことあります。

それだけ日常的に負荷がかかってるともいえるわけで、

誰しもが『うつ』になりやすい時代ともいえるのかもしれませんね。

 

そうなってくるといかに自分を守るか、

というのは大事なテーマだと思います。

常日頃からストレス解消の効果的な手段をもつことは

必須といえるかもしれません。

運動や趣味、自分なりのリラックス法を持つこともよさそうですね。

うつ病 鎌倉 ではこのようなところもありました。

心理カウンセリングとリラクセーション整体を行ってるという心理療法家さん。

心と身体、両面からのアプローチで本質的な改善が得られそうです。

 

『うつ』は重症化すると回復にも時間がかかります。

常日頃から自分の心もケアするよう心がけておきたいですね。