不妊治療で知る、卵子のこと

不妊治療を始めることで、ようやく正しい知識に出会うことがあります。その中でも女性でも勘違いしている方が意外と多いのが、「卵子は新しくつくられると思っている」ことです。

多くの方が月経の度に新しい卵子がつくられると思っているんですね。これは大きな勘違いでして、「卵子が新たにつくられることはない」のです。女性は胎児として生まれてきた段階で、すでに一生分の卵子を体内に持っていて、その数は200万個ほどだと言われています。そしてその数は成長とともに減っていき、初めて月経がきた頃には30万個ほどになっているのです。

つまりもしあなたが20才なら卵子も20才、40才なら卵子も40才と、同じだけ年を重ねていることになるのです。そして卵子は加齢とともに減少し、その質も低下していきます。不妊治療の原因の多くは「卵子の老化」にあるのですが、そうした卵子の特性が関係しているわけです。ですから不妊治療の現場ではどうしても20代などの若い方のほうが妊娠率は高くなるのですね。

しかし卵子の数や質には個人差があり、一律に加齢で傷むというわけではありません。若くても卵子が傷んでいることもありますから、まずは検査をしてしっかりと自分の体の状態を把握すること。そのうえで適切な治療を施すことが妊娠への近道なのです。

https://biyonai.net/

Just another WordPress site