admin のすべての投稿

老人ホームの選び方「立地」

2 8

老人ホームの利用している、または利用者のご家族の大半が「立地」は重要だと回答しています。

東京都には多くの方が住んでおり、また老人ホームも多いです。

施設選びにはサービスなど注目すべきポイントがありますが、今回は立地に焦点をあててお話していきます。

おすすめする立地条件は下記の通りです。

・自宅や生活していた場所に近い土地

・生活するにあたって利便性の高い土地

・自然環境がよい土地

・家族や友人が訪れやすい土地

 

とはいえ、土地によって費用も左右されます。

東京23区では家賃の相場が安い土地として、葛飾区・足立区・江戸川区があげられます。

反対に、家賃の相場が高い土地は、港区・世田谷区・渋谷区といわれているようです。

費用は抑えられたほうがよいかもしれませんが、やはり港区の老人ホームの人気・満足度はほかの地区よりも高い傾向にありました。

港区の利便性・自然などを含めた環境も影響しているといえるでしょう。

それらをふまえた上で、高齢者やそのご家族の方に適した立地の老人ホームを選んでくださいね。

 

https://www.shoyuukai.jp/shirokane/

冬場の痒みに悩む人必見!痒みの原因は「寒冷蕁麻疹」かも

No28

 

冬場になると、肌が乾燥してしまい、痒みに悩まされる人は多いですよね。
冬の空気は乾燥しているので、肌は乾燥しやすくなりますが、それだけが原因ではありません。
痒みの原因は寒冷蕁麻疹かもしれませんよ。

寒冷蕁麻疹は寒さや冷たさで発症する蕁麻疹であり、悪化することで、全身にまで痒みと赤みが広がります。
冬場は室内と屋外の寒暖差が大きいので、寒冷蕁麻疹が発症しやすいといえるでしょう。
防寒をすることで、発症を抑えられるので、冬場の防寒は重要です。

寒冷蕁麻疹を通常の蕁麻疹と勘違いする人は多く、痒みを抑えるために患部を冷やしてしまいことで、悪化させてしまうこともあります。
冬場において、蕁麻疹の症状が出た際は様子を見るようにしましょう。
症状が長引くようであれば、ストレスにもなってしまうので、早めに病院で治療を施すようにしましょう。
痒みしかないからといって放置することで、重症化するケースもあります。

蕁麻疹が全身に広がることで、気道にも発症してしまい、呼吸困難に陥ることもあります。
呼吸困難になることで、重篤化することもあるので、長引かないようにすることが重要ですよ。

https://suzukinaikaclinic.net

できる人は健康なときから病院を考えておく

病院を選ぶのは『病気』になってから。

多くの人は『病気』になると『患者』として、病院・クリニックを訪れますよね。しかし当然のことながら病気でないときは健常者として普段の生活を送っているわけです。とりわけ健康に対して意識の高い人は、この健常者の状態のときからすでに病院選びを考えている方もいるようです。

 

近年多様化が叫ばれて久しいですが、個人の病院やクリニックに対するニーズも多様化しています。体の不調や病気になったことで、治療を受けて治りたいというニーズはもちろんですが、日常的に健康を考え、安心できる暮らしを維持したいというニーズも高まっています。言い換えれば、いまの健康状態を維持することで、より活発な活動が可能になるようにしたいという要望です。

これは主観もありますが(仕事のできる)ビジネスマンに多い印象です。自らの体調管理にも気を使い、ベストなパフォーマンスが維持できるように努めているというわけですね。

 

ビジネスマンが多い港区などにはそうした健康意識の高い人に向けて、予防医療に力を入れているクリニックも多いようです。普段から自分の目的にあったクリニックを見つけておけば、いざというときも安心ですし、より活動もしやすくなるかもしれませんよ。

https://www.shoyuukai.jp/tamachi/

精神科・心療内科の受診、抵抗がありますか?

気分の落ち込みや無気力な状態が続くことで、「なんだか、うつっぽいなー」なんて言葉が聞かれるほど、うつ病というのも身近な病気になりました。しかし口でそうはいっても、いざ病院にかかるようなところまで考えている方は少ないのではないでしょうか。

でももし、あなたがちょっとこの状態はやばいんじゃないか・・・と感じるようなら、やはり早期に心療科などの受診を考えてほうがよいと思います。

 

内科や外科などに比べて、あまりなじみのない精神科・心療内科といった診療科は病院に行くのにもちょっと抵抗があるかもしれません。しかし実際に行ってみればわかることですが、他の医療機関とくらべてそれほど大きな違いというのはありません。むしろその性質上他の診療科よりも多くの配慮がされています。

 

個室などで医師と患者の会話はいっさい外部に聞こえないように遮断されていたり、待合室でも患者同士が顔を合わせないなど、プライベートが守られるつくりになっています。また、より患者がリラックスできるよう、照明や椅子に工夫がされているような病院もあるのです。

 

「心の病」も他の病気と同様に早期に治療に取り組めば、それだけ回復も早いものです。もし気になるような症状があれば早めに心療内科などの医療機関を受診することをおすすめいたします。https://www.michiwaclinic.jp/

芸人さんがモテるのは面白いから?一般男性も持っているその魅力

昨今の芸能ニュースを見ていると、ほんとお笑い芸人さんがモテる時代になったなーと思いますよね。ちょっと前にも顔は決してイケメンとは言い難い芸人さんが、有名女優と結婚して話題になっていましたし、そのほかにも多くの芸人さんが綺麗で美しい女性を妻にしています。一昔前とはだいぶ様子が違いますよね。

 

そんなニュースを見て、面白いやつがモテるんだと思ってしまう男性が増えてしまうことは仕方のないことかもしれません。たしかに表面上を見ればそう思えても仕方がないでしょう。しかし、前述の芸人さんと女優さんの記者会見を見ていれば気づくかもしれませんが、決して面白いからモテるというわけではないんです。そこには相手への愛情やリスペクト、周囲にも配慮できる思いやりが感じられるのです。そして本質はそちらだと思うのです。

 

女性は面白い話をしてくれる男性に惹かれるわけではなく、ともに面白い話ができる男性に惹かれるのです。笑わせるという一方的なものではなく、一緒に会話を作って面白がれる関係性、そこには当然相手への配慮や共感が必要です。そしてそのようなコミュニケーションはなにも芸人だけの特別な技術というわけではありません。私たちにも十分備わった能力なのです。

https://mens-konkatu.info/miyamotohikarublog/

『がんの遺伝子治療』って聞いたことありますか?

『がんの遺伝子治療』などと聞くと、まるでどこかの実験施設で受ける高度な治療のように考えてしまう人もいるかもしれません。たしかに行っていることは高度なことではありますが、その治療自体は注射や点滴といった一般的な治療法と変わらず、外来で来ることも可能な、患者にとって負担の少ない治療です。

 

がん治療では、手術による外科的療法、抗がん剤などによる化学療法、そして放射線による放射線療法の3つががん治療の主軸とされ、3大療法とも呼ばれています。これらは医学的根拠に基づいた実績のある治療法であり、健康保険も適用される国が推奨する治療法といえます。

 

しかしあくまで国が推奨しているというだけで、他に治療の選択肢がないというわけではありません。遺伝子治療はこれら3大療法と比較すると歴史が浅いためエビデンスが弱いという点がありますが、欧米諸国では多くの承認薬が誕生していて、その認知度が高まりつつある治療法なのです。

 

遺伝子治療が注目されている理由のひとつとして、副作用が少ないということが挙げられます。もともと人間の体内にある遺伝子を用いるため、体への負担が3大療法に比べて圧倒的に少ないのです。また3大療法と組み合わせて用いることもでき、その効果をより高めることができるというデータもあるのです。

 

国内でも治療を受けられる医療機関が増えつつありますが、医師の中には懐疑的な人もいるようです。もし興味がある場合でもしっかり担当医師と相談するのが望ましいでしょう。

https://tenjin-cc.net/

不妊治療で知る、卵子のこと

不妊治療を始めることで、ようやく正しい知識に出会うことがあります。その中でも女性でも勘違いしている方が意外と多いのが、「卵子は新しくつくられると思っている」ことです。

多くの方が月経の度に新しい卵子がつくられると思っているんですね。これは大きな勘違いでして、「卵子が新たにつくられることはない」のです。女性は胎児として生まれてきた段階で、すでに一生分の卵子を体内に持っていて、その数は200万個ほどだと言われています。そしてその数は成長とともに減っていき、初めて月経がきた頃には30万個ほどになっているのです。

つまりもしあなたが20才なら卵子も20才、40才なら卵子も40才と、同じだけ年を重ねていることになるのです。そして卵子は加齢とともに減少し、その質も低下していきます。不妊治療の原因の多くは「卵子の老化」にあるのですが、そうした卵子の特性が関係しているわけです。ですから不妊治療の現場ではどうしても20代などの若い方のほうが妊娠率は高くなるのですね。

しかし卵子の数や質には個人差があり、一律に加齢で傷むというわけではありません。若くても卵子が傷んでいることもありますから、まずは検査をしてしっかりと自分の体の状態を把握すること。そのうえで適切な治療を施すことが妊娠への近道なのです。

https://biyonai.net/

ちょっとしたことでも咳が出るようになったら、咳喘息を疑ってみてください

料理から立ち上る湯気や寒暖差など、そんな小さなことをきっかけに咳が出てしまうという人、あなたのノドは大丈夫でしょうか? そんな咳が出る状態が数週間以上続いているようなら、それはただの咳ではないかもしれません。咳喘息(せきぜんそく)になっている可能性があります。 咳喘息というのは気道の粘膜が炎症を起こし、過敏になっている状態です。ですから寒暖差や湯気などのちょっとした刺激でも反応してしまい咳が出てしまうのです。ひどいと香水などの匂いにも反応して咳き込むこともあり、咳が止まらないなど日常生活に支障が出てくる場合もあります。 咳喘息は風邪やインフルエンザなどをきっかにしてなることが多く、つい風邪が長引いているだけだと勘違いしやすいのも特徴です。そのため放っておいたり、市販の風邪薬や咳止めで抑えようとする人も多いのですが、咳喘息にはほとんど治療効果がないのです。咳喘息は進行すると本格的な喘息になってしまうこともあります。気になる咳の症状があれば、早期に呼吸器内科などの専門医で詳しく診てもらうことをおすすめいたします。
https://www.okino-clinic.com

食欲が自然に減っていくから無理がない!GLP-1メディカルダイエットとは?

食べたいという欲求に抗うのはなかなか難しいものです。我慢すればするほど食べたいという欲求が強くなってしまうものですし、我慢することでその場はしのいだとしても、注意力散漫になったり、低血糖になったりと違うところにしわ寄せがきてしまうこともあるかもしれません。

もし食べたいという欲求自体をなくすことができれば、自然と痩せた体が手に入るのに・・・そんなふうに思ったことはないでしょうか。

そんな人のためのダイエット方法が『GLP-1メディカルダイエット』です。
世の中には痩せている人もいれば太っている人もいますが、実はこの両者見た目のほかにも体内環境が違うのです。そのひとつがGLP-1の分泌量です。このホルモンは私たちの誰しもが体内に持っているのですが、痩せている人には多く分泌され、太っている人には少ないというのです。GLP-1は満腹中枢を刺激し、食べ過ぎないよう食欲を抑える働きをしますが、この分泌量が少なければ当然食べ過ぎてしまうというわけです。

このGLP-1を体内に増やすことで、痩せている人と同じような体内環境になり、自然と食欲を抑えられるようになるのがGLP-1メディカルダイエット。運動や食事制限を必要としないため心身の負担が少なく、自然と痩せることができるダイエット方法です。
https://shigeto-cl.com

カウンセリングでも話したくないことは話さなくていいのです。

カウンセリグを受けるとき、話したくないことまで話さなけらばならないのだろうか?
そんなふうに考えてはいないでしょうか。

カウンセリングの場はクライアントである相談者のためにあります。ですから話したくないことを無理に話す必要はありません。カウンセラーはクライアントが感じたままの感情を出しやすいように、話をしやすいように手助けをしてくれますが、話したくない問題について無理に尋ねるようなことはしないのです。
たとえカウンセリング中に黙ってしまったとしても、その沈黙もまた意味のあることだと理解されるでしょう。しかしそういった話すことに抵抗があるような内容にこそ、問題を克服する重要な鍵が隠れていることも事実です。

カウンセラーはクライアントが自ら話をしたくなるまで、じっくりと時間をかけてクライアントに寄り添ってくれる存在です。クライアントが勇気を持って多くのことを話せば、それだけ多くの効果が見込める可能性も高いのです。
カウンセラーは守秘義務を守りますから、安心して多くのことを話してみてください。

https://www.kk-c.com