ちょっとしたことでも咳が出るようになったら、咳喘息を疑ってみてください

料理から立ち上る湯気や寒暖差など、そんな小さなことをきっかけに咳が出てしまうという人、あなたのノドは大丈夫でしょうか? そんな咳が出る状態が数週間以上続いているようなら、それはただの咳ではないかもしれません。咳喘息(せきぜんそく)になっている可能性があります。 咳喘息というのは気道の粘膜が炎症を起こし、過敏になっている状態です。ですから寒暖差や湯気などのちょっとした刺激でも反応してしまい咳が出てしまうのです。ひどいと香水などの匂いにも反応して咳き込むこともあり、咳が止まらないなど日常生活に支障が出てくる場合もあります。 咳喘息は風邪やインフルエンザなどをきっかにしてなることが多く、つい風邪が長引いているだけだと勘違いしやすいのも特徴です。そのため放っておいたり、市販の風邪薬や咳止めで抑えようとする人も多いのですが、咳喘息にはほとんど治療効果がないのです。咳喘息は進行すると本格的な喘息になってしまうこともあります。気になる咳の症状があれば、早期に呼吸器内科などの専門医で詳しく診てもらうことをおすすめいたします。
https://www.okino-clinic.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>