造園、庭作りを大田区でするならまずは自治体へ。

最近の国内の地震の多さから、

さすがに緊急時の準備とか家具の固定とかを考え始めました。

「のど元過ぎれば熱さ忘れる」とは言うけど、

思ったときに始めないと、だんだん熱が冷めてしまうものです。

 

そんな気持ちでいろいろと地震対策を調べているうちに、

行政が地震対策のひとつとして、

生垣を推進しているといった記事を見つけました。

地震によりブロック塀が崩れることで怪我をしたり、

二次被害が大きくなることがあるみたいです。

このブロック塀を生垣という植物の垣根に替えることで、

もし地震が起こっても、簡単に崩れたりしませんし、

仮に倒れたとしても、人命にかかわるようなことはない、

ということで推進しているみたいですね。

 

なので、行政から助成金も出るようでして、

もし自宅の造園、庭作り等を考えているなら、

自治体に問い合わせると詳しく教えてくれると思います。

ここ大田区のHPを見ると、条件にもよりますが、

上限50万円まで出るみたいです!

 

大田区にも多くの造園業者がありますから、

よく相談してすすめるといいかもしれませんね。

https://tokyo-uekiya.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>