アフターピルによる副作用やリスクは大丈夫?

アフターピルは、胃腸から女性ホルモンが吸収されることで、排卵を抑制したり遅らせたりします。また、受精卵が子宮に着床しないようにすることで、望まない妊娠を緊急に避けることができるのです。

アフターピルによる副作用の症状

ただ、アフターピルには大量の女性ホルモンが含まれており、ホルモンのバランスを急激に崩すことになるので、服用後、副作用に悩まされる女性もいます。副作用としては、頭痛、めまい、嘔吐、強い吐き気、倦怠感、下腹部痛などです。これらが強く現れると、「これからも赤ちゃんが産めなくなるかもしれない」「将来の赤ちゃんに障害が出たらどうしよう」と、後遺症や不妊などのリスクがないか不安になってしまうでしょう。

副作用が現れたら

しかし、副作用が現れても徐々に治まってきますし、将来的な不妊や後遺症などのリスクにつながることはありません。それに、服用すると誰でも副作用が起こるわけではありませんし、副作用が少ないものもあります。そのため、アフターピルの副作用に関しては、それほど心配しなくても良いでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>