カウンセリングでも話したくないことは話さなくていいのです。

カウンセリグを受けるとき、話したくないことまで話さなけらばならないのだろうか?
そんなふうに考えてはいないでしょうか。

カウンセリングの場はクライアントである相談者のためにあります。ですから話したくないことを無理に話す必要はありません。カウンセラーはクライアントが感じたままの感情を出しやすいように、話をしやすいように手助けをしてくれますが、話したくない問題について無理に尋ねるようなことはしないのです。
たとえカウンセリング中に黙ってしまったとしても、その沈黙もまた意味のあることだと理解されるでしょう。しかしそういった話すことに抵抗があるような内容にこそ、問題を克服する重要な鍵が隠れていることも事実です。

カウンセラーはクライアントが自ら話をしたくなるまで、じっくりと時間をかけてクライアントに寄り添ってくれる存在です。クライアントが勇気を持って多くのことを話せば、それだけ多くの効果が見込める可能性も高いのです。
カウンセラーは守秘義務を守りますから、安心して多くのことを話してみてください。

https://www.kk-c.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>